ローンが残った

マンションや一戸建ては、住宅ローンで購入なさった方が多いかと存じます。
今、不動産として査定に出すときにローンがどのぐらい残っているか認識なさっておいででしょうか。
住宅ローンの場合多くは完済するまで抵当権と言って「もし払えなかった場合この不動産を、売却して損失の穴埋めにする」権利が銀行などの貸主に有ります。
もし返せないと査定どころではないのです。
完済していない場合でも許可を貸主に取れば売却が可能です。
そのお金で返済しても大丈夫です。
もし今の不動産を売って、また新しい住宅を買うという時に、思ったより査定額が低く、ローンの残債を支払いきれないこともございます。
そういう場合は様々な業者が「住み替えローン」「買い替えローン」という形でまとめて払えるような金額の融資サービスを出していますので、そちらを利用するのも良いでしょう。
金利もそちらの方が安く済むはずです。
ただし、収入や過去の他のローンの支払履歴の都合で融資が受けられないこともございます。
また、負債の額があがってしまうので、ずっと返済しないといけなくなります。
住宅ローンなどは完済できなくとも、少しずつ繰り上げ返済していった方が、不動産として査定に出した時にやや有利になると言われています。
買うときにきちんと返済計画を立てておきますと後々の問題が少なくなっていきます。
お金の問題は、先手をうてばあらかた解決します。
相談窓口も各業者が出していますので連絡先を控えておきましょう。

MENU